研究/仮想化

Thu, 14 Jan 2010 15:24:01 JST (2658d)

仮想化についての実験および研究

ディノオープンラボラトリ記事を見てうちでも実装しようと計画。
実装のための下準備。

要求定義

  1. Web上から仮想OSを作成できる。
  2. ネットワーク班の人でもわかるようなUIで。
  3. 標準搭載するサーバーソフトを選べる。
    1. 最低、Apache、MySQL、Postgresql、PHP、Python、Rubyなど有名な物は選べるように
  4. 標準で、監視ソフトを導入する
    1. Webmin、SNMP、Logwatch、可能なら統合監視ソフトのエージェント
  5. 仮想OSの制作が完了したら、作成者・管理者にメールなどを送る
  6. DNSの正引きと逆引きを自動的に登録する
  7. ユーザー管理をLDAPなどで集中管理できるようにする

仕様

サーバー機体IBM xSeries 326 8848-71J
CPUAMD Opteron 250 2.4GHz
MEM1024MB
HDD72GB
ソフトウェアホストOSCentOS Linux
ゲストOSCentOS Linux
WebサーバーApache 2
LDAPサーバー未定
連携ローカルリポジトリ既存のYroulを使用
データベース既存のBardielを使用
メールサーバー既存のZeruelを使用

各OSの自動インストール化システム

  • Fedora、CentOSなどRedHat系システム
    • KickStart
  • Debian
    • preseed
  • FreeBSD
    • Install.cfg

参考資料